結果にコミットするブース出展のコツ(2)

前回の続き


イベント出展という舞台で

出展料以上のものを回収するには

相当な工夫が必要です。


出展料が仮に15,000円かかったとしましょう。


15,000円以上の売上をあげるには

どうすればいいか。


ひとつは、いつも店でやってるサービスを

出張サービスとして行うことです。

例えば30分3,000円のエステサーヒスが

会場で10人(5時間)予約が取れれば

30,000円売上になりますね。


このときのポイントは

前回も書きましたが、

当日に集客するのでなく、

前々から集客しておくことです。

知り合ってるけど店に来てもらえてないひとに

招待することです。



もうひとつは、

当日は「体験してもらう」ことと

割りきること、

そして高単価なものを

「押し売らず、欲しがらせる」ことです。



まず3つのグループの商品を作ります。


1)気になる、買いたい、

  どうしても手に入れたい人のための、

   数万円〜数十万円のもの


2) 1)の一部を使った

   数千円〜数万円のもの

  ※即決で買われる


3)そのまた一部分を使って

   500円〜1000円くらいで

   びっくりするほど安く提供できるもの


3)の価格は、びっくりするくらい安くします。

1)の価格は、頑張って買っていただけるくらいにします。



で、イベント会場では、

このびっくりするほど安い 3)を

ありえないくらい丁寧な顧客対応で、

売るのです。

とにかく丁寧に、丁寧に。

安いからといって、ぞんざいな売り方をしないこと。

すると 1)や2)が気になって

買ってくださる方が数人現れます。


この場合でも、当日に

一生懸命集客するのでなく、

前々から集客しておくことです。

知り合ってるけど普段取引出来てない人を、

招待することが大事です。