【メルマガ記事】結果にコミットするブース出展のコツ(1)

こんにちは。中野です。


癒しイベントやビューティーイベント、

企業の展示会などで

ブース出展されることがありますよね。


その出展者さんのなかに

「出展して意味はあるのか?」と

おっしゃる方がいらっしゃいます。


自分もかつて、そのひとりでした。


以前いた、パソコン周辺機器メーカーで、

幕張メッセの展示会に出展したことがありました。

パソコン業界では超有名な展示会で、

3日間で10万人以上来られてたようですが、

・・・・ヒマでした。笑


ところが面白い現象がありまして、

たまたま来た取引先の方と

ブースで長話してると、

ブースに人が集まり始めたんです。


後に起業して、

ブース出展するようになってからは、

知人友人さんにとにかく来てもらうようにしました。


いま、妻の眞由美さんが

整理収納アドバイザーとして、

よく出展されます。

そのときは必ず

きょうだいや友人、お客さんに、

声をかけます。



ブース出展というのは、

会場に来る人を呼びこもうとする

イベントであると考えるよりは、

取引先や知り合い、友人知人、親類縁者を呼んで、

ふだん見せられないサービスや商品を

見せたり体験してもらったりする場だと

捉えるべきです。


なぜなら、そう考えて

取引先や親しい人に

ブースにいてもらったほうが

人が集まるからです。


また、まだ取引のなかった知り合いや友人知人が、

自分の商品やサービスを体験してくださることで、

ちゃんと契約してくれるきっかけにもなります。


そして、そのひとたちが、

他のブースも見てくださることになるので、

会場の来客数増にも貢献できます。



僕がホームページ更新などをさせていただいてる

「ハッピービューティーフェスタ」では

出展すると、主催の山村貴乃さんが、

集客の仕方や、その後の顧客化について

丁寧に教えて下さいます。

11月3日(祝)は

妻の眞由美さんが出展されます。

僕も、眞由美さんのノウハウをお伝え出来ます。


出展については

美や癒し、スピリチュアル、

食と安全に関連する

商品やサービスを扱ってるかたに、

お声がけいただければと思います。

案内はこちら

http://my-do.or.jp/hapyfes/


ところで

ブース出展にはある程度お金がかかります。

このハピフェスでは

阪急梅田駅(17番街)を使いますから

会場費もそれ相応にかかります。

 

でも、眞由美さんをはじめ、

出展者のなかには、

出展料を回収してまだ余りある

大きな成果につながった方が

多数いらっしゃいます。


つぎはそのノウハウを

ちょっとだけお伝えします。




開催情報メールマガジンとお問合せ
ランチ交流会・講演会・ホームページ相談会・学習会の案内やお問合せはこちらから