【記事】くりあがり・くりさがりでつまづく原因

陰山メソッド 徹底反復 くりあがり くりさがりプリント
陰山メソッド 徹底反復 くりあがり くりさがりプリント

足し算・引き算の、くりあがりとくりさがりでつまづいてしまうこどももいます。

算数習得にはいくつかの壁がありますが、一番初めに訪れる大きな壁になってます。

 

ではどんな対策をおこないますか? 計算に慣れさせるために、計算ドリルをたくさん解かせますか?

たくさん解かせてゲッソリさせる前に、解けない原因をさぐってみませんか?

 

 では、くりあがり・くりさがりが出来ない原因は、なんでしょう?

ここでくりあがり、くりさがりの手順をおさらいしてみましょう。


たとえば7+8= の計算をするときは

 

1)7にいくつ足すと10になるかを考える (数の合成)

    7 + 3 =10

 

2)8を3と何かに分ける (数の分解)

    8 = 3 + 5

 

3)そして 7 + 3 + 5 = の計算をする

 

という手順になります。

 

 

また 11−8= の計算をするときは

 

1) 11を 10といくつかに分ける

    11 = 1 + 10

 

2) 10から8をひく

    10 −8 = 2 (数の分解)

 

3) 2と1を足す

 

という手順になります。


この計算過程では「10の分解・合成」に対しての理解が必要です。

「10の分解・合成」とは、こういうことです。

・ 10は 7 と いくつにわけられますか?

・ 8に あといくつで 10になりますか?


「10の分解・合成」が理解できてないと、手と足の指を駆使して計算することになります。

 

 「10の分解・合成」を理解してもらうには、タイルをつかったり、「10は 7 と いくつにわけられますか?」みたいな問題をなんどもやってもらったりします。

じゅうぶん練習してもらいましょう。

 

そして「10の分解・合成」ができるようになったら、もういっかい、くりあがりくりさがりのやりかたをおさらいして、あとはくりあがり・くりさがりの計算を反復練習してもらいましょう。

 

反復練習に勢いがついて、何度も何度も解いて、暗算でできるくらいになったらいいですね。