【メルマガ】親としての在り方について〜関西ユアブリッジ通信〜

こんにちは。中野です。


先日金曜のランチ会では

教育コンサルタントの田中章友さんから

「伸び続ける子の育て方」というお話をいただきました。


そのなかで

「親の生き方・在り方」という話がありました。



なんのために怒るのか?自分のために怒ってないか?


子どもの行動を抑えつけるために怒ってないか?




大学生で学習塾の非常勤講師になったときに

塾の代表から教えこまれた言葉があります。



・勉強の基本は「自分で勉強する」こと。

  教えない教育を目指せ。


・人間には負の体験もときには必要。

  成功だけでなく、失敗を経験させることも教育だ。


・子どもたちには、立ちはだかる壁、インヒビターの存在が必要だ。



その中でも特に今回は、

「インヒビターであれ。」という言葉を思い出しました。


壁であれ。壁として立ちはだかり、

こどもが乗り越えていくのを待て。

決して、抑えつける「ふた」「天井」であってはならない。



自分には、こどもがいないですが、

だからこそたくさんのひとを育てなければならない。

そんな自分の在り方について考えさせられました。


開催情報メールマガジンとお問合せ
ランチ交流会・講演会・ホームページ相談会・学習会の案内やお問合せはこちらから