自分の役割や使命に気づくには〜関西ユアブリッジ通信〜

中学高校のときの役割がそのまま仕事の役割であったり

使命になったりしてること、ありませんか?



中学高校と同じ校舎(高槻中学・高校)で学び、

いまは商社(株式会社双日)の経営企画室にいる

大八木潤というひとがいます。

ドリサラ(ドリームサラリーマンミーティング)という

組織を東京でつくり、講演やビジネスプレゼンテーションコンテスト、

飲み会を主催しています。


彼は中学高校と、誰かを引っ張る、応援する立場でした。

だからそういう会を自然と立ち上げることになったのかな?と思ってたのですが、

先日たまたま大阪に帰ってきたときに捕まえて話を聞いたら、

そうじゃなかったんです。

5年ほど前、彼は双日の子会社にいましたが、

鬱病の診断を受け休職させられます。


その休職の間、あまりにも暇だったので、

彼は自分のいままでをゆっくり振り返りました。

そのときに、中学高校の自分を思い出し、

「自分の役割は、人を盛り上げること!」と気づきました。

それから復職後、コピーひとつとるのも「人を盛り上げる」ことを

意識して行動しました。

結果、双日グループの次世代を担うべき人材として

親会社の経営企画室に転属することになりました。


また、そのなかで自分の夢だったことが実現できました。

そこで、「じゃあ、夢を語り実現に結びつける会を立ち上げよう!」と

2年前からドリサラの活動を開始しました。



中学高校の時の役割がそのまま

仕事の役割であったり使命になったりしてることは

あるようですが、そこに気づくには、

自分を見つめなおす機会を作るという出来事が

必要なのかもしれません。

開催情報メールマガジンとお問合せ
ランチ交流会・講演会・ホームページ相談会・学習会の案内やお問合せはこちらから