交流会で引き合いをもらうコツ(参加者だったころの自分のブログから)

こんにちは。

関西ユアブリッジ 中野順一郎です。

 

 

関西ユアブリッジの交流会を立ち上げる前は、交流会に頻繁に参加するひとでした。

 

小さな無名なパソコンメーカーの代理店営業統括室長として、代理店候補を探すために参加してました。

キーボード付きタブレットPCも生産してました。MicrosoftのSurfaceよりも前に出してたのですが・・・。ちょっと早過ぎたかな。
キーボード付きタブレットPCも生産してました。MicrosoftのSurfaceよりも前に出してたのですが・・・。ちょっと早過ぎたかな。

 

 

そのときの記事がたまたま目に入ったので、ご紹介します。

 

2010年9月の記事です。

最初に交流会をやったのが2011年2月。

9月は、交流会をやろうと考えてなかった頃ですし、起業しようとも考えてなかったです。

ここ1~2ヶ月,異業種交流会に出るたびに,

仕事につながる出会いがあります。 

 

自分の勤める会社が作るパソコンの

「販売代理店」になってみたいというお声がけをいただいたり、

購入希望をいただいたりです。 

 

たとえば先々週金曜の昼間に出た

ランチ会で出会ったひとの会社に

今日昼からお邪魔して,

代理店契約に向けた具体的な話をして来ました。

ほぼ確実に,扱っていただけるようになるでしょう。 

 

午前中に訪問してたかたのところも、

ある交流会で知り合った方です。

 交流会後、代理店契約を結んでいただけて,

今日は具体的な販売手法の打ち合わせをしてました。

 

おなじ交流会でもう1社さんと知り合って,

代理店契約を結んで,

早速注文いただいて昨日納品したところです。 

 

交流会きっかけで、水面下で進んでる話もいくつかあります。 

 

 

出会いを作ってくださった、交流会主催者の方々, 

 

出会いをくださった参加の皆様に,感謝しています。 

 

 

 

 

本当に不思議なもので, 

 

ここ1~2ヶ月だけなら、

出た交流会では必ず1つや2つは、

仕事につながる出会いがあるのですよ。 

 

それまで2年くらいは、

まったくといっていいくらい,なかったのですけどね。 

 

ここのところ、不思議です。 

 

 

「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」といいますが、 

 

数を打たないと、当たるような打ち方にならないんだとおもいます。 

そういう意味で、交流会は「数打ちゃ当たる」。 

 

2年近く、月に1万円とか2万円とか、

会社の経費でなく自分のお金で

いろんな異業種交流会に出てきたから、わかってきたことがあります。 

 

 

 

1回だけ異業種交流会に出て,

仕事につながる出会いが無くて、

それから出なくなったというひとは数多いとおもいます。 

 

仕事につながる出会いがみつかるかどうか、 

 

ポイントはこういうところにあるんじゃないかとおもいます。 

 

 

1)交流会の場で派手に自社製品を売り込まない。 

 

2)自分のやってる業務の様子を楽しく語る。 

 

3)売り込み先を見つけるのではなく,気の合いそうな人を見つける。 

 

4)相手と会話してるときに自社の製品をアタマに思い浮かべない。 

   相手の業務内容、相手が何を求めている人なのかを, 

    想像するようにする。 

 

5)主催者とは仲良くなる。 

 

6)食事出来る交流会は気の合いそうな人を見つけやすい。 

 

7)主催者や参加者と気が合う, 

  居心地のいい異業種交流会を見つけたら,出続ける。 

 

8)仲良くしてくれなかったり

 気が合わなかったりする主催者の交流会には、出ない。 

 

 

 

 

9)すべての出会いに感謝する。 (おいしい料理との出会いにも!)

過去の自分の記事を読むと

4年前の自分からこう言われてる気がしました。

 

「俺が参加したい交流会を、ちゃんとやってくれよな」

 

はい。わかりました(^^)

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

動物の本立てを販売してます。
開催情報メールマガジンとお問合せ
ランチ交流会・講演会・ホームページ相談会・学習会の案内やお問合せはこちらから