【報告】関西人脈塾:チョーヤ梅酒 金銅重弘社長講演

 11月20日(水)夜の「関西人脈塾」講演会には、60名の方が来ていただけました。

「チョーヤ梅酒」代表取締役社長 金銅重弘様の講演でした。

実は金銅様は講演をされないかたなのです。

 

人脈塾のプロジェクトで一緒に組んでる乾博樹さん、そして

チョーヤ梅酒金銅社長につながる「梅酒ソムリエ」金谷優様のおかげで

講演していただくことが出来ました。

この講演にはもっとスゴいことがありました。

金銅社長と金谷様のご厚意により、

「酔わないウメッシュ」と「チョーヤ 梅ワインヌーボー2013紅氷熟」のプレゼントや、

完全有機栽培の梅による梅酒の試飲などもついた

お土産いっぱいの講演にしてくさったのです。

 

会場の座席には

「チョーヤ 梅ワインヌーボー2013紅氷熟」720mlビンの入った

茶色い紙袋と、

ウエルカムドリンクとして配布された「酔わないウメッシュ」ビンが

立ち並んでました。

ビンと袋が立ち並ぶ講演なんてはじめて見ました。

 

 

特に梅酒の試飲は事前に聞いてなかったのでビックリしました(笑)

試飲させていただけたのが

有機素材だけで作った

数量限定「ゆうきの梅酒」だったので更にビックリ。

そして講演は、自慢するでもなく、大風呂敷を広げるわけでもなく、

本当に謙虚に話してくださいました。

 

 

実は事務局の私は受付にいたので講演をほとんど聞いてないのです・・・

だから自分の感想が書けないのです。ごめんなさい。

 

 

 

アンケートの回答からいくつかご紹介しますね。

————————————————————

・私の出身が藤井寺でチョーヤさんはご近所なんで話を聞きたいと思いました。

 同族会社の大変さが分かりました。

 ひとつの商品に特化して日本一になる。これもブランド戦略ですね。

 

・本物こそこれからの食品であることを改めて認識しました。

 同族企業でいらっしゃりながら社員に活躍してほしいと願われるお心素晴らしいと思いました。

 完全無農薬の梅酒を楽しみにしています。

 

・うまくチャンスをつかまれたように話されていたのが印象的でした。

 苦労されたことをさらりと話し、

 たまたまという表現で有名になったかのような謙虚な話が印象的でした。

 

・本日はお話を伺った上にお土産まで頂きましてありがとうございました。

 

・偽りの無い赤裸々な内容が身近に感じられ、よかった。

————————————————————

司会 林裕美さん
司会 林裕美さん

この日に金銅社長から学んだのはこの2つでした。

 

 

まず、人に喜んでもらえることをしよう。

「人を喜ばせるお金の使い方」をしよう。

 

この日は、

梅酒の試飲が出来たり、講演のお土産に梅酒をくださったりと

うれしいことがいっぱいありました。

試飲させていただいた「ゆうきの梅酒」は原液で飲みましたが

サラリと飲めました。これは飲み過ぎに注意です。

うれしいですよね。 お酒を飲むなら梅酒を、チョーヤの梅酒を

選びたくなりますよね?

と、自分自身がそういう状態になり、そこで気付きました。

 

人を喜ばせるお金の使い方をすると、帰って来るんじゃないですかと。

 

 

もちろん使ってばっかりだと、使うべきときに使うお金がないことになりますから、

倹約も必要ですが、

人に喜んでいただくべき場面では「ケチ」ではいけないなと学びました。

もうひとつ学んだのは、

本物にこだわり、ごまかしをしないということです。

もちろん作っておられる梅酒も、酸味料等でごまかさないのですが

講演自体も噓偽り無く。成功は大袈裟に言わず感謝の気持ちで、

失敗もいつわりなく。

なんと「うちは同族会社なんだけど、同族はここに気をつけなければならない」という

赤裸々な話まで語っていただけました。

 

ごまかすって、無駄なエネルギーですよね。

一度ごまかしたら、ごまかし続けなければならない。

バレたらまたエネルギーを使いますからね。

 

 

いただいた「チョーヤ 梅ワインヌーボー2013紅氷熟」、

土曜になってやっと飲む時間が出来ました。

梅そのものの味でした。

本物の味。最高。

 次回の関西人脈塾は1月24日(金)夜

人工衛星「まいど1号」を打ち上げ、現在は宇宙開発合同会社AstreX会長を務められている菊池秀明様の講演です。

「まいど1号」に関わる苦労話、成功体験、宇宙の魅力等に関して語っていただく予定です。

開催情報メールマガジンとお問合せ
ランチ交流会・講演会・ホームページ相談会・学習会の案内やお問合せはこちらから