報告:クリーニング業界勉強会でのセミナー

 クリーニング業界チェーン店代表者様達の勉強会『マーケティング・コープ』さんの定例会で、恐れ多くも、インターネット・SNSを使った集客のセミナーをさせていただきました。

 資料としてときどき使ってるのが、世代間のギャップを表す資料。テレビや新聞、雑誌、インターネットなどメディアに触れてる時間は、(15歳以上対象で)調査するとどの世代も1日あたり350分前後になるんですが、その配分が40代以下と50代以上でかなり違うという調査。

博報堂DYメディアパートナーズ調べ
博報堂DYメディアパートナーズ調べ

 例えば女性対象なら50代以上はテレビやラジオ・新聞・雑誌といったメディアでの宣伝がまだ通用するが、40代以下だと事情が変わりますよという話。

 男性だと50代と60代の間が境目ですね。

 

 スマートフォンやケータイに注目すると男女とも40代と50代が境目。

 

 実際にはスマートフォンならテレビ見ながらとか通勤しながらとか、銀行ATMで振込を行う順番を待ちながらとか使うので、上記のグラフの「濃い緑』の時間はもっと長くなるはずです、40代以下は。

 

 感覚的にはみなさま「わかってらっしゃる」とおもうんですが、データで示すとより深くご納得いただけます。

 

 じゃあどうするかというのを今日は一部だけお話ししました。次は具体的にどうするのかとか、今日いただいたご疑問などにお答えしたりします。

 

 

 お役に立ちます 関西ユアブリッジ