【報告】黒木安馬様講演【関西人脈塾】

 2013年4月19日(金)夜に「関西人脈塾」第1回講演会である「黒木安馬様講演会」を行いました。

 そもそもこの企画は、乾さんと

「関西は本来すばらしい人材がいっぱいいたはず。でも、最近何故か元気がない。元気にしたい」

との思いで立ち上げたものです。

 乾さんが「黒木安馬さん呼べますよ」とおっしゃってくださって一気に具体化しました。

 

 100名を目標にしよう!と立ち上げたのですが、本当に100人集まりまして会場がいっぱいになりました。

 乾さんがお声がけされたり、「3%の会」のかたがいっぱいきてくださったり、おひとりで30名以上も集客してくださった方がいたり、その他いろんなかたがいろんなかたを連れてきてくださって、この会が成り立ちました。

 

 そのうえ「すばらしい講演をありがとう」とお声がけいただいたり電話やメールいただいたりして、本当に、開催してよかった、乾さんや黒木安馬さん、友人様知人様をご紹介いただいた皆様、来ていただいた皆様に出会うことが出来てよかったと思います。

 

 黒木安馬さんから講演でいただいた言葉がたくさんございます。何をご紹介しようかなと考えたのですが、ひとつにきまりません。

 

 講演も大事なのですが僕は講演前に、事前の打ち合わせや会場内での設備準備のときに、黒木安馬さんがかなり気を使っていただいたいたことをご紹介したいです。

 たとえば講演の段取りを打ち合わせするときには「何時までに終わればよいですか」と言ってくださる、そのとおりに話を終わってくださる、設備を動かすのをいつの間にか一緒に手伝ってくださる。

 しかも「敬語」をつかってくださってるのです。

 

 

 黒木安馬さんそのものを真似しよう、黒木安馬さんのようにふるまおう。自分のなかに黒木安馬さんを取り込む計画。

 

 関西人脈塾のやりたいことは、これだったんだなと、改めて気づきました。

著書にサインまでいただき、恐縮です。
著書にサインまでいただき、恐縮です。

 次回は「自転車世界一周会社員」「途中死にそうになった所を助けてくれた人たちの為の恩返し旅行」坂本達様をお招きしての講演です。こんども、どんなことを皆様に持ち帰っていただけるか楽しみです。