ソーシャルメディア時代は店名を店内にも!

 おいしいランチに出会って、写真も撮って、さあ、facebookチェックインしよう!(foursquareでもいいけど)と意気込んでみたのに、「お店の名前が、わからん!」とおもったこと、ないですか?

えーと、ここどこ?
えーと、ここどこ?

飲食店の中に入っても、店名が書いてある、ってことが大事

 店の中に入ってしまうと店名がわからなくなってしまうことがあります。メニューにもお箸袋にもどこにも書いてない・・・。 そういうお店のオーナーさんは、「店の外に店名書いてあればいい」と思ってらっしゃるかもしれませんが、それだけではダメです。

 店の情報がリアルタイムに、facebookやtwitterなどでお客さんから発信されるこの時代では、店内に店の名前が書いてあるってことも大事です。

「チェックイン」できるようにしてあげることも大事

 おいしいな!このランチのこと知らせたいな!ケーキのこと知らせたいな!とおもっても、チェックイン出来なかったらテンション下がります。

 「チェックイン」できるようにしましょう!

 チェックインできたら、来店されたかたが友達から「場所、どこ?」って聞かれても、「説明するの大変だからfacebook見て!」と言えば片付いて便利だからです。

600メートルも離れた店にチェックインしてどないすんねん。俺がいるのは、そこじゃない。
600メートルも離れた店にチェックインしてどないすんねん。俺がいるのは、そこじゃない。

本当は、店名も覚えやすいといいんだけどな

 おいしいお店を友達に紹介するときに「えーと、なんて名前やったかな」と思い出せなかったことないですか?

 覚えやすい店名だったら友達に教えてもらいやすいんじゃないかな。

 facebook時代だったら、店名忘れても「僕のタイムライン見て。昨日チェックインしたから」と伝えることが出来るからいいかもしれませんけど。

家の近所(なかもず)にあるイタリアン。「トラットリア ルッリョ ドディチ」という店名ですが、どうも我が家では覚えられにくいようで・・・交差点の角に有ることから「かどのイタリアン」と呼ばれてます。
家の近所(なかもず)にあるイタリアン。「トラットリア ルッリョ ドディチ」という店名ですが、どうも我が家では覚えられにくいようで・・・交差点の角に有ることから「かどのイタリアン」と呼ばれてます。

 facebook運営のちょっとした個別相談会、土日祝も毎日開いてます。

ご予約はこちらから