『ローロデックス』がオフィスから姿を消す日

『ローロデックス』をご存知ですか?

 LinkedInが、世界の7000人以上の専門家たちを対象に、今後5年間でオフィスから消えていくもの、ますます一般化していくと予想されるものについて調査を行った結果、そのうちの58%が「ローロデックスが姿を消す」と回答しました。

http://irorio.jp/yuukashimoda/20120926/29366/

 

ローロデックスとは、グルグルまわすことのできる名刺フォルダです。


こういう形式でなくても、名刺を整理する箱、机の上にありますよね。

名前の五十音順で並べ替えるのか、会社名の五十音順で並び替えるのか、各自のやりかたがあるとおもいます。

 

中野の場合は名刺を『画像データ化』『文字データ化』してるので名刺整理箱は使ってないです。

Kyberのシステムを使ってます

箱に入れて保管はしてますがそこは「名刺をいただいた順番に放り込む」方式です。

 

 

皆さんは名刺をどう管理されてますか?

 

 

名刺管理の目的として、

「連絡を取りたいとき、氏名や企業名ですぐに探し出せるようにする」ことがありますが、

 

何かの営業をしたり頼み事をしたりするときに

「○○がお役に立てそうなひとを思い出して探して連絡したい」

「○○を知ってそうな人を思い出して探して連絡したい」

こともあろうとおもいます。

 

 

いつも会場手配でお世話になってる 株式会社ジェイ・エイチ・アール 講師プロダクション(Royal・b) 代表取締役の薮知子さんはすごい名刺管理の方法をとっておられます。

 

営業のため、名刺交換して以来何年かぶりに連絡を取ることもあるそうです。

そのときにもちゃんと思い出して連絡を取れるように管理されてます。

 

10月27日(土)のランチ会ではその技を聞くことが出来るので楽しみです。