21.5インチタブレットが岡田斗司夫さんのところに届いたようです

 中野が6月までいたパソコンメーカーFRONTIERの 21.5インチAndroidタブレット? ディスプレイ? が、 「オタキング」「レコーディングダイエット」の岡田斗司夫さんのところに届いたようです。

FRONTIER FT103 "Smart Display"

 

21.5インチですから、横幅512.8mm。50cmを超える大きさ。

※この写真は週刊アスキーさんの記事が出典です。 

 

わたくし、FRONTIERさんに居た頃に試作機を見たり、一部のお客様のところにデモンストレーションとして持ち込んだりしたことが有ります。

 

あまりの大きさにビックリしました。

 

タッチパネルディスプレイとして考えればいろんな使い方が出来そうです。

 

21.5インチの画面を有効に使うことの出来るアプリができたら使いやすいなあ。電子黒板アプリがあったら最高です。

 

 

シャープさんが巨大な電子黒板「BigPad」を発売されてます。

小さいもので60インチ、大きいものだと80インチ有ります。

 

正直、会社の会議室なんかで使おうと思うと、60inchを超える様なものは大きすぎる。

FRONTIERさんの、このFT103 SmartDisplayくらいのおおきさだと、会議室において使いやすいです。そして安い!

もう1万円高くして44,800円くらいでもよかったんじゃないかとおもうくらいです。

 

 

今後このような大きなタッチパネルディスプレイものを発売していくのでしょうか。FRONTIERさんの展開が楽しみです。