写真撮影の「3分割法」

 写真を撮るときにふつうは対象物を画面のど真ん中に配置しますよね。

「日の丸構図」といいます。

 これもいいんですが、「3分割法」を使うと写真に変化が生まれます。

 縦横それぞれを3等分する線をファインダー内にひきます。iPhoneなら簡単に表示させることが出来ます。

 他のデジカメやスマホ、ケータイでもたいていは表示させることが出来ます。

 手元にiPhoneがあるのでiPhoneで説明を続けますね。

 

 iPhoneで この3分割線が表示されてない場合はカメラ画面内の「オプション」をタップしてください。

 グリッドを「ON」にすると3分割線を表示させることが出来ます。

 この3分割線の使い方を説明しますね。

 3分割線の交点あたりに写したいものを持って来ると、構図が安定しやすいといわれてます。

 

 いわゆるど真ん中に置いた「日の丸構図」と、3分割線を使った構図を、比較してみましょうか。

 それぞれ、上が「日の丸」(写したいものを真ん中に) 下が3分割法 をつかったものです。いかがでしょうか?

 

 そうそう。ピントには気をつけてくださいね。

 ふつうはど真ん中に有るものにピントがあいます。

 3分割法で撮るときにピントを意識しないで撮ると、写したいものが(ど真ん中に来てないから)ピンぼけになります。


 写したいものにしっかりとピントが合うよう、ピント合わせ操作してくださいませ。